また今年もイギリスでミステリーサークルのシーズン到来

イギリスなど、海外では小麦畑等の草が伸びてくる時期になると、ミステリーサークルのシーズンがやってくる。 欧米ではいかに複雑なミステリーサークルを短期間で作ることができるか競い合う同好会が多数存在しており、地域によっては期 […]

史上最強のドイツ軍の暗号Enigma(エニグマ)を破った『M4 Project』とは一体?!明かされた暗号の内容は?!

2月20日2006年のこの日、60年以上も未解読のままだった、ある暗号が解読された。その暗号の名前は「Enigma」。第2次世界大戦でドイツ軍が使い、その難易度の高さから連合軍を苦しめたと言われている史上最強の暗号である。大戦中に破られた暗号もあったが、未だ謎であった3つの暗号のうち1つを、ドイツの「M4 Project」と呼ばれるチームが解読に成功する。一体、彼らは何者なのか?そして、暗号文は何を伝えていたのか?もっと見る >>…

え?沈んだ船は実は『タイタニック号』ではなかった!?20世紀最大の予言小説の真相と保険金詐欺の噂とは?!

 4月14日 1912年のこの日の真夜中、タイタニック号は海に沈んだ。イギリスの客船タイタニック号 (Titanic)は、 当時世界最大の豪華客船の一つとして建造され、1912年4月10日、イギリスのサザンプトンを出港し、 アメリカのニューヨークに向けて処女航海に出た。 ”その途中の14日の真夜中、ニューファウンドランド沖で氷山に衝突し、2時間40分で沈没したと言われている。 乗船者2208名の中、1517人が死者となり、世界最大の海難事故となった。しかし、このタイタニック号の沈没は、はるか前より”…

なぜか50年後に現実となった事件の真相とは?!エドガー・アラン・ポーの書いた小説の『リチャード・パーカーの死』は予言によるものだった?!

7月5日1884年のこの日、ある一隻のイギリス船籍の船が、喜望峰から1600マイル離れた公海上で難破するという事件がおきた。この事件は、その裁判において後に「刑法」の”ある重要な法理”を確立したといわれる、大事件となった。しかし、この遭難事件は、それだけでは終わらなかった。実はこの事件は、その50年も前にある一人の小説家の小説によって予言されていたというのだ。その小説家の名前は、”エドガー・アラン・ポー”。シャーロック・ホームズを生み出しコナン・ドイルとともに、現代推理小説の生みの親とも言われる小説…

奇妙な『灰色の雲』の中に消えた『ノーフォーク連隊』の消息とは?!第1次世界大戦中に起きた『ノーフォーク連隊集団失踪事件』の真相が判明!?

8月28日第一次世界大戦中の1915年8月28日。敵国であるトルコのガリポリ半島に上陸したイギリス陸軍ノーフォーク連隊341名が、サル・ベイ丘へ向かって進軍していた。すると、丘の上から異様な”灰色の雲”がだんだんと降下し始めたという。その灰色の雲はやがて丘を完全に覆い尽くし、ノーフォーク連隊はその雲の中へ行進していった。 しかし雲の中へ入って行ったはずのイギリス兵は、それ以降、誰一人姿を現さなかった。彼らはどこへ消えたのか?この不思議な集団失踪事件の真相とは?もっと見る >>…

突然、世界的ミステリーの女王『アガサ・クリスティ』が11日間も失踪した謎に迫る!果たしてその真相とは?!

12月3日発表された推理小説は世界的なベストセラーとなり、名探偵ポワロやミス・マープルなどを生み出した「ミステリーの女王」アガサ・クリスティ。そのアガサ・クリスティ(当時36歳)が1926年12月3日、自宅をでたまま行方不明となった。これが推理小説の歴史に名を残す大事件、すなわち” Agatha Eleven Missing(アガサ・クリスティ11日間の失踪)” である。もっと見る >>…

ニュートンは錬金術師だった?!錬金術の研究や聖書研究までも没頭したことのわかる『秘密文書』や『賢者の石』のレシピが書かれていたとされる写本とは?!

2月16日近代科学の父とも言われる、イギリスの偉人アイザック・ニュートンが書き残したと言われている「賢者の石の作り方」を書いた写本が、アメリカのオークションに出品された。万有引力を発見し、物理学・天文学・数学などさまざまな分野において多大なる功績を残したアイザック・ニュートンは、実は当時「オカルティスト」としても有名だった事実はあまり知られていない。経済学者のケインズは、「ニュートンは理性の時代(age of reason)の最初の人ではなく、最後の魔術師だった」と言っている。ニュートンは、すべての…

未解読の暗号「線文字A」とは?クレタ島で発見された「ファイストスの円盤」にはいったい何が書かれていたのか?

1908年7月3日
ギリシアのクレタ島で厚さ2.1cm、直径16cmの粘土製の円盤が見つかった。
円盤には文字が螺旋状に刻印されているのだが、内容は未だ解明されておらず、何に使ったものなのかもわかっていない。

円盤は「ファイストスの円盤」と名付けられ、いまだに未解読のままである。
はたしてこの円盤には、一体どんな謎が隠されているのか??

『Vサイン』は魔術的なサインだった?!第二次世界大戦の裏に隠された『占星術戦争』と『最後の魔術師 』アレイスター・クロウリーとは何者か?

1875年10月12日のこの日、英国でのちに「世界最後の魔術師」と呼ばれる男が誕生した。『悪の魔術』の研究にはげみ、祖国であるイギリスにも入国禁止になるなど、その奔放な活動から「世界で最も邪悪な男」とも呼ばれた。一方で、第二次世界大戦において、ドイツとの間に占星術戦争に協力し、ドイツのイギリスへの上陸を阻止した、とも言われている。はたして、20世紀最大にして最後の魔術師 アレイスター・クロウリーらが行った「占星術戦争」とは?もっと見る >>…

西暦775年のミステリー・世界中の歴史書に記されていた「空に浮かぶ赤い十字架」の謎~その時宇宙で何が起こったのか?

6月3日2012年のこの日、ある日本人大学院生の論文が科学雑誌「Nature」に掲載され、世界の科学者に衝撃を与えた。西暦774年から775年にかけての1年間、自然界にはほとんど存在しないという「放射性炭素14」の濃度が、その1年に限って過去3,000年間で最大級の急激な上昇をしていたというのだ。これはその年、大量な宇宙線が地球に降り注いだことを意味しているという。 しかもその年をさかのぼると、ヨーロッパの古文書に「空に日没後、赤い十字架が現れた」といった記述が見つかるなど、確かに何らかの天空の異変…