【ウェイコ事件1】終わらない悲劇の連鎖【ブランチ・ダビディアン】

あなたは1993年に起こった、新興宗教団体の信者数十名が犠牲となった凄惨な事件をご存じだろうか・・・? その恐ろしき事件とは・・・ 『ウェイコ事件(別名:ブランチ・ダビディアン事件)』 アメリカテキサ …

The post 【ウェイコ事件1】終わらない悲劇の連鎖【ブランチ・ダビディアン】 first appeared on Yuki life blog♪.

Copyright © 2021 Yuki life blog♪ All Rights Reserved.

世界8不思議に数えられる『悪魔の聖書』の謎の作者が判明した?!聖書の写本『ギガス写本』の謎とその伝説とは?!

9月20日 2007年のこの日、ある1冊のいわくつきの本がチェコの首都プラハにあるチェコ国立図書館で一般公開された。この本は、聖書の写本とされ、359年ぶりにチェコへ帰還したと言われている。「ギガス写本」と呼ばれるその聖書は、別名「悪魔の聖書」と呼ばれていた。なぜ”聖書の写本”が”悪魔の聖書”と呼ばれているのか?また、この本をめぐる、不思議な伝説とは?もっと見る >>…

最古の聖書の写本『死海文書』は誰が書いたのか?その内容とは?!死海文書の秘宝の場所を示す幻の一巻『銅の巻物』の謎

1月28日1947年の春。中東の死海近くの洞窟である古い巻物が発見された。それは後に”20世紀最大の考古学的発見”と言われる「死海文書」であった。しかし、この歴史的な写本の発見から二年がたっても、考古学者たちは写本の出所である洞窟の発見にすら至っていなかった。1949年の1月28日、ベルギー人将校フィリップ・リッペンス大尉らがベドウィンから情報を得てようやく第1洞窟と呼ばれる洞窟を発見する。以降、周辺の洞窟から次々と約850巻もの古書が見つかった。そして次第にこの歴史的な写本の全容が明らかになってい…

ニュートンは錬金術師だった?!錬金術の研究や聖書研究までも没頭したことのわかる『秘密文書』や『賢者の石』のレシピが書かれていたとされる写本とは?!

2月16日近代科学の父とも言われる、イギリスの偉人アイザック・ニュートンが書き残したと言われている「賢者の石の作り方」を書いた写本が、アメリカのオークションに出品された。万有引力を発見し、物理学・天文学・数学などさまざまな分野において多大なる功績を残したアイザック・ニュートンは、実は当時「オカルティスト」としても有名だった事実はあまり知られていない。経済学者のケインズは、「ニュートンは理性の時代(age of reason)の最初の人ではなく、最後の魔術師だった」と言っている。ニュートンは、すべての…

マグダラのマリアの謎の死とは?〜聖遺骨は一体どこに?!頭蓋骨の謎と、「罪深き女」の由来に迫る

7月22日この日は、カトリック教会におけるマグダラのマリアの記念日となっている。マグダラのマリアは、キリスト教における改悛した女性の守護聖人として有名だが、実はその墓の場所については諸説があると言われている。映画「ダ・ヴィンチ・コード」では、テンプル教会から移動され、逆さピラミッドの下にある隠し部屋に静かに眠っているマグダラのマリアというシーンがあった。実は、マグダラのマリアの聖遺骨(とされるもの)は、別の場所に”存在”するらしい。果たしてマグダラのマリアの墓とは一体どこにあるのか?もっと見る &g…