『サラエボ事件』には謎の偶然の符号がいくつもあった?『呪いの赤いベンツ』伝説とラスプーチンの死

6月28日 1914年のこの日、オーストリア=ハンガリー帝国の継承者フランツ・フェルディナント夫妻が、サラエボを視察中、ボスニア出身のボスニア系セルビア人の青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された。俗にいう「サラエボ事件」である。この事件がきっかけとなって、第一次世界大戦が開戦した。しかし、この事件の背景には、奇妙な符号がいくつも存在していた。司祭の見た予知夢や、ロシアで同日に起きた暗殺事件、そして、呪いのベンツの謎とは? もっと見る >>…