「生きた化石」シーラカンス、100歳以上生きられる事が判明

「生きている化石」の筆頭と言われる魚、シーラカンス。シーラカンスは1938年に南アフリカにて生息が確認され、発達した胸びれと背びれに加えて肺も有しているという、魚が両生類へ進化する間の状態の姿を保っている魚だ。実に660 […]

シーラカンスは「生きている化石」ではなかった!?

「生きている化石」とは、現在も生息している生物でありながら、原始的な形態や特徴を備えている生物たちを指す。オウムガイやカブトガニ、植物ではメタセコイア等が該当する。 中でもシーラカンスは「生きている化石」の筆頭といえるだ […]