ナチスの核開発を示す謎の「ハイゼンベルク・キューブ」

世界初の原子爆弾の開発に成功したのはアメリカだが、実はナチスドイツも核兵器を使って連合国に勝利することを目指し、独自の核開発計画を進めていたとされている。 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)に保管されてい […]

第2次大戦時代のパンター戦車を隠していた84歳男性、巨額罰金請求された

国の東西を問わずミリタリーマニアは存在する。中には実際の戦闘機を所有する人もいるそうだが、ドイツにて驚くべき兵器を所有していた男性が存在していた事が解り、法的措置が取られるようだ。 発端は2015年にドイツ北部の町ハイケ […]

バルト海の海底でドイツの暗号機エニグマが発見される!

第二次世界大戦中、ドイツは情報や作戦を連合軍側に知られないよう、「エニグマ」というタイプライターのような暗号化デバイスを用いて文書を作成していた。 このエニグマによって作成された文書はアラン・チューリングを含む暗号解読チ […]

史上最強のドイツ軍の暗号Enigma(エニグマ)を破った『M4 Project』とは一体?!明かされた暗号の内容は?!

2月20日2006年のこの日、60年以上も未解読のままだった、ある暗号が解読された。その暗号の名前は「Enigma」。第2次世界大戦でドイツ軍が使い、その難易度の高さから連合軍を苦しめたと言われている史上最強の暗号である。大戦中に破られた暗号もあったが、未だ謎であった3つの暗号のうち1つを、ドイツの「M4 Project」と呼ばれるチームが解読に成功する。一体、彼らは何者なのか?そして、暗号文は何を伝えていたのか?もっと見る >>…

『Vサイン』は魔術的なサインだった?!第二次世界大戦の裏に隠された『占星術戦争』と『最後の魔術師 』アレイスター・クロウリーとは何者か?

1875年10月12日のこの日、英国でのちに「世界最後の魔術師」と呼ばれる男が誕生した。『悪の魔術』の研究にはげみ、祖国であるイギリスにも入国禁止になるなど、その奔放な活動から「世界で最も邪悪な男」とも呼ばれた。一方で、第二次世界大戦において、ドイツとの間に占星術戦争に協力し、ドイツのイギリスへの上陸を阻止した、とも言われている。はたして、20世紀最大にして最後の魔術師 アレイスター・クロウリーらが行った「占星術戦争」とは?もっと見る >>…

西暦775年のミステリー・世界中の歴史書に記されていた「空に浮かぶ赤い十字架」の謎~その時宇宙で何が起こったのか?

6月3日2012年のこの日、ある日本人大学院生の論文が科学雑誌「Nature」に掲載され、世界の科学者に衝撃を与えた。西暦774年から775年にかけての1年間、自然界にはほとんど存在しないという「放射性炭素14」の濃度が、その1年に限って過去3,000年間で最大級の急激な上昇をしていたというのだ。これはその年、大量な宇宙線が地球に降り注いだことを意味しているという。 しかもその年をさかのぼると、ヨーロッパの古文書に「空に日没後、赤い十字架が現れた」といった記述が見つかるなど、確かに何らかの天空の異変…

【ヒトラーの演説指南役&メンタリスト】エリック・ヤン・ハヌッセンはなぜ暗殺されたのか?彼が最後に残した予言とは?

3月24日1933年のこの日、謎の暗殺事件がベルリンで起きた。殺されたのは、エリック・ヤン・ハヌッセン。暗殺当時、その遺体は不明となっていたが1ヶ月以上経ってから発見され、埋葬されたという。エリック・ヤン・ハヌッセンは、ヒトラーの演説指南役でもありナチスの占星術師・メンタリストでもあったといわれている。 ハヌッセンは「ヒトラーが最も恐れた男」だった。彼は暗殺されるまえにある予言を残していたと言われている。果たして彼の死の真相は…?もっと見る >>…