新世界秩序とコロナの予言!?デンバー空港がオカルトすぎる

 まずは上の写真をご覧頂きたい。  世界中の子供たちがマスクをしている壁画だ。日本人の子供だけがピースしているが、全体として暗く不気味な印象が漂う。現在のコロナ禍を風刺したかのような壁画だが、米デンバー国際空港に1994 […]

ハンナ・アーレントと『アイヒマン裁判』

  画像©ウィキペディアより引用  哲学者ハンナ・アーレントはユダヤ人であり、ナチスによる迫害を受け、一度は収容所に入れられながらも、辛うじて脱出した経歴を持つ。その彼女が戦後、ユダヤ人虐殺を指揮したアドルフ・アイヒマン […]

史上最強のドイツ軍の暗号Enigma(エニグマ)を破った『M4 Project』とは一体?!明かされた暗号の内容は?!

2月20日2006年のこの日、60年以上も未解読のままだった、ある暗号が解読された。その暗号の名前は「Enigma」。第2次世界大戦でドイツ軍が使い、その難易度の高さから連合軍を苦しめたと言われている史上最強の暗号である。大戦中に破られた暗号もあったが、未だ謎であった3つの暗号のうち1つを、ドイツの「M4 Project」と呼ばれるチームが解読に成功する。一体、彼らは何者なのか?そして、暗号文は何を伝えていたのか?もっと見る >>…

『Vサイン』は魔術的なサインだった?!第二次世界大戦の裏に隠された『占星術戦争』と『最後の魔術師 』アレイスター・クロウリーとは何者か?

1875年10月12日のこの日、英国でのちに「世界最後の魔術師」と呼ばれる男が誕生した。『悪の魔術』の研究にはげみ、祖国であるイギリスにも入国禁止になるなど、その奔放な活動から「世界で最も邪悪な男」とも呼ばれた。一方で、第二次世界大戦において、ドイツとの間に占星術戦争に協力し、ドイツのイギリスへの上陸を阻止した、とも言われている。はたして、20世紀最大にして最後の魔術師 アレイスター・クロウリーらが行った「占星術戦争」とは?もっと見る >>…

【ヒトラーの演説指南役&メンタリスト】エリック・ヤン・ハヌッセンはなぜ暗殺されたのか?彼が最後に残した予言とは?

3月24日1933年のこの日、謎の暗殺事件がベルリンで起きた。殺されたのは、エリック・ヤン・ハヌッセン。暗殺当時、その遺体は不明となっていたが1ヶ月以上経ってから発見され、埋葬されたという。エリック・ヤン・ハヌッセンは、ヒトラーの演説指南役でもありナチスの占星術師・メンタリストでもあったといわれている。 ハヌッセンは「ヒトラーが最も恐れた男」だった。彼は暗殺されるまえにある予言を残していたと言われている。果たして彼の死の真相は…?もっと見る >>…