奇妙な『灰色の雲』の中に消えた『ノーフォーク連隊』の消息とは?!第1次世界大戦中に起きた『ノーフォーク連隊集団失踪事件』の真相が判明!?

8月28日第一次世界大戦中の1915年8月28日。敵国であるトルコのガリポリ半島に上陸したイギリス陸軍ノーフォーク連隊341名が、サル・ベイ丘へ向かって進軍していた。すると、丘の上から異様な”灰色の雲”がだんだんと降下し始めたという。その灰色の雲はやがて丘を完全に覆い尽くし、ノーフォーク連隊はその雲の中へ行進していった。 しかし雲の中へ入って行ったはずのイギリス兵は、それ以降、誰一人姿を現さなかった。彼らはどこへ消えたのか?この不思議な集団失踪事件の真相とは?もっと見る >>…