「ニラレバ」より「レバニラ」を一般化させた『天才バカボン』ギャグ

1960(昭和35)年、中国の家庭料理であるレバーとニラを炒めた「韮菜炒牛肝」が広がり始めた。 この中国語を直訳すると「ニラレバ炒め」と訳すのが正しい。しかしながら、現代の日本では「レバニラ炒め」と呼ばれることが多い。 […]