【ヒトラーの演説指南役&メンタリスト】エリック・ヤン・ハヌッセンはなぜ暗殺されたのか?彼が最後に残した予言とは?

3月24日1933年のこの日、謎の暗殺事件がベルリンで起きた。殺されたのは、エリック・ヤン・ハヌッセン。暗殺当時、その遺体は不明となっていたが1ヶ月以上経ってから発見され、埋葬されたという。エリック・ヤン・ハヌッセンは、ヒトラーの演説指南役でもありナチスの占星術師・メンタリストでもあったといわれている。 ハヌッセンは「ヒトラーが最も恐れた男」だった。彼は暗殺されるまえにある予言を残していたと言われている。果たして彼の死の真相は…?もっと見る >>…