『サラエボ事件』には謎の偶然の符号がいくつもあった?『呪いの赤いベンツ』伝説とラスプーチンの死

6月28日 1914年のこの日、オーストリア=ハンガリー帝国の継承者フランツ・フェルディナント夫妻が、サラエボを視察中、ボスニア出身のボスニア系セルビア人の青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された。俗にいう「サラエボ事件」である。この事件がきっかけとなって、第一次世界大戦が開戦した。しかし、この事件の背景には、奇妙な符号がいくつも存在していた。司祭の見た予知夢や、ロシアで同日に起きた暗殺事件、そして、呪いのベンツの謎とは? もっと見る >>…

ジェームズ・ディーン事故死の謎と『ポルシェ・スパイダー550の呪い』とは?!忽然と消えてしまったポルシェはいまどこにあるのか?

9月30日世界の映画史に名を残す伝説のヒーロー、ジェームズ・ディーンがこの世を去ったのは1955年の9月30日。カーレースが大好きだった彼はロサンゼルスからサリナスのカーレースに出場するため、愛車のシルバーのポルシェ・スパイダー550にまたがり、41号線を走らせていた。 そして、1955年9月30日の夕方5時45分頃、分岐点(Y字路)前方から走ってきたフォードと正面衝突して首の骨を折り、即死した。享年24。絵画界のスターの座に居たのは、わずか1年だった。 事故後、ジェームズが乗っていた「リトル・バス…

え?沈んだ船は実は『タイタニック号』ではなかった!?20世紀最大の予言小説の真相と保険金詐欺の噂とは?!

 4月14日 1912年のこの日の真夜中、タイタニック号は海に沈んだ。イギリスの客船タイタニック号 (Titanic)は、 当時世界最大の豪華客船の一つとして建造され、1912年4月10日、イギリスのサザンプトンを出港し、 アメリカのニューヨークに向けて処女航海に出た。 ”その途中の14日の真夜中、ニューファウンドランド沖で氷山に衝突し、2時間40分で沈没したと言われている。 乗船者2208名の中、1517人が死者となり、世界最大の海難事故となった。しかし、このタイタニック号の沈没は、はるか前より”…

なぜか50年後に現実となった事件の真相とは?!エドガー・アラン・ポーの書いた小説の『リチャード・パーカーの死』は予言によるものだった?!

7月5日1884年のこの日、ある一隻のイギリス船籍の船が、喜望峰から1600マイル離れた公海上で難破するという事件がおきた。この事件は、その裁判において後に「刑法」の”ある重要な法理”を確立したといわれる、大事件となった。しかし、この遭難事件は、それだけでは終わらなかった。実はこの事件は、その50年も前にある一人の小説家の小説によって予言されていたというのだ。その小説家の名前は、”エドガー・アラン・ポー”。シャーロック・ホームズを生み出しコナン・ドイルとともに、現代推理小説の生みの親とも言われる小説…

奇妙な『灰色の雲』の中に消えた『ノーフォーク連隊』の消息とは?!第1次世界大戦中に起きた『ノーフォーク連隊集団失踪事件』の真相が判明!?

8月28日第一次世界大戦中の1915年8月28日。敵国であるトルコのガリポリ半島に上陸したイギリス陸軍ノーフォーク連隊341名が、サル・ベイ丘へ向かって進軍していた。すると、丘の上から異様な”灰色の雲”がだんだんと降下し始めたという。その灰色の雲はやがて丘を完全に覆い尽くし、ノーフォーク連隊はその雲の中へ行進していった。 しかし雲の中へ入って行ったはずのイギリス兵は、それ以降、誰一人姿を現さなかった。彼らはどこへ消えたのか?この不思議な集団失踪事件の真相とは?もっと見る >>…

マグダラのマリアの謎の死とは?〜聖遺骨は一体どこに?!頭蓋骨の謎と、「罪深き女」の由来に迫る

7月22日この日は、カトリック教会におけるマグダラのマリアの記念日となっている。マグダラのマリアは、キリスト教における改悛した女性の守護聖人として有名だが、実はその墓の場所については諸説があると言われている。映画「ダ・ヴィンチ・コード」では、テンプル教会から移動され、逆さピラミッドの下にある隠し部屋に静かに眠っているマグダラのマリアというシーンがあった。実は、マグダラのマリアの聖遺骨(とされるもの)は、別の場所に”存在”するらしい。果たしてマグダラのマリアの墓とは一体どこにあるのか?もっと見る &g…

伝説の女性飛行士アメリア・イアハートは何処へ消えたのか?~女性初大西洋横断を成し遂げた米国の国民的ヒロインのミステリー

7月2日アメリア・イアハートは伝説のアメリカの女性飛行士で「ミス・リンディ」の愛称で全米に愛され、アメリカ本国では彼女はいまだに国民的な英雄とされている。知的かつチャーミングな女性であったため、当時から絶大な人気があり、彼女の名前を冠された商品も多岐にわたっていたという伝説の女性だ。1937年7月2日、当時39歳だったイアハートは地球一周飛行の最終段階にあり、パプアニューギニアから米カリフォルニア(California)州へ向けて出発した。しかし、謎の通信を最後に彼女の消息は完全に途絶えてしまった。…

『Vサイン』は魔術的なサインだった?!第二次世界大戦の裏に隠された『占星術戦争』と『最後の魔術師 』アレイスター・クロウリーとは何者か?

1875年10月12日のこの日、英国でのちに「世界最後の魔術師」と呼ばれる男が誕生した。『悪の魔術』の研究にはげみ、祖国であるイギリスにも入国禁止になるなど、その奔放な活動から「世界で最も邪悪な男」とも呼ばれた。一方で、第二次世界大戦において、ドイツとの間に占星術戦争に協力し、ドイツのイギリスへの上陸を阻止した、とも言われている。はたして、20世紀最大にして最後の魔術師 アレイスター・クロウリーらが行った「占星術戦争」とは?もっと見る >>…

西暦775年のミステリー・世界中の歴史書に記されていた「空に浮かぶ赤い十字架」の謎~その時宇宙で何が起こったのか?

6月3日2012年のこの日、ある日本人大学院生の論文が科学雑誌「Nature」に掲載され、世界の科学者に衝撃を与えた。西暦774年から775年にかけての1年間、自然界にはほとんど存在しないという「放射性炭素14」の濃度が、その1年に限って過去3,000年間で最大級の急激な上昇をしていたというのだ。これはその年、大量な宇宙線が地球に降り注いだことを意味しているという。 しかもその年をさかのぼると、ヨーロッパの古文書に「空に日没後、赤い十字架が現れた」といった記述が見つかるなど、確かに何らかの天空の異変…