「死海文書」によると2026年に新世界秩序完成!?

画像©ntnvnc PIXABAY ATLAS読者は「死海文書」をご存知か。 死海文書とは、1947年頃からイスラエルの死海の近くの洞窟で、若い羊飼いによって発見された文書と、それからの調査によって発見されたヘブライ語、 […]

新たに「死海文書」が発見!やはり「救世主」は日本から現れる!?

画像©Ria Sopala PIXABAY 【65年ぶりの死海文書の新たな発見】 「聖書の原型ではないか」といわれる約2000年前に書かれた「死海文書」が新たに発見された。「死海文書」は1947年に初めて発見され、その後 […]

世界最古の聖書写本「死海文書」、60年ぶりに新たな断片発見

世界で最古の聖書写本と言われている死海文書は、1946年から1956年にかけてユダヤ砂漠東部に存在する11の洞窟の中から発見された。実に10万を超える巻物とその断片がマンチェスター大学のジョン・ライランズ図書館を含む世界 […]

最古の聖書の写本『死海文書』は誰が書いたのか?その内容とは?!死海文書の秘宝の場所を示す幻の一巻『銅の巻物』の謎

1月28日1947年の春。中東の死海近くの洞窟である古い巻物が発見された。それは後に”20世紀最大の考古学的発見”と言われる「死海文書」であった。しかし、この歴史的な写本の発見から二年がたっても、考古学者たちは写本の出所である洞窟の発見にすら至っていなかった。1949年の1月28日、ベルギー人将校フィリップ・リッペンス大尉らがベドウィンから情報を得てようやく第1洞窟と呼ばれる洞窟を発見する。以降、周辺の洞窟から次々と約850巻もの古書が見つかった。そして次第にこの歴史的な写本の全容が明らかになってい…