ノアの箱舟――大洪水で繋がる世界

ある時、ある男が、ある山の頂近くにて、氷漬けになっていた木材を発見した。 人跡もなく草木も生えない極寒の世界、そこで見つかった『加工された木材』 その山の名はアララト山。聖書、創世記に語られた場所。そこはノアの箱舟が漂着した高峰。 眠っていたのは伝説の船か、神代の遺物か。 世界中に残された大洪水伝説が指し示す一つの答え――ノアの箱舟は実在したか? 失われた船と禁断の山 そして主は仰せられた。 …
The post ノアの箱舟――大洪水で繋がる世界 first appeared on オカルト・ク…

ヘクサム・ヘッズ――狼男を呼べる石

ある少年が自宅の庭で、奇妙な石を2つ拾った。 土を取りのぞいてみれば、それはヒトの首から上をかたどった頭像だった。 その日から始まる不可解な現象――誰かが家の中に入ってくる。誰かが家の中に潜んでいる。それは人の形をした動物――。 隣人、そして頭像を引き受けた学者のもとにも『狼男』『羊男』が訪れた。 ヘクサム・ヘッズ、それは70年代の奇妙な悪夢。 百合の咲かない場所で 1972年。 インドシナ半……